一人でスーパーコンパニオンを呼んでみた

話術が大事

一人でスーパーコンパニオン

一人でスーパーコンパニオンを呼んでみた

会社の慰安旅行でスーパーコンパニオンを呼んでの宴会が忘れられないけど、会社仲間は家庭があるし、友達にいきなり「スーパーコンパニオンと遊ばない?」と言ってもひかれる恐れがあるのでどうしようかなと悩んでいたら、某巨大掲示板で一人でスーパーコンパニオンを利用しているという書き込みがあって、この手があったか!?と、早速実行してみることに。

温泉地に付いて風呂に入り、部屋で飯。

その時、そうかぁ、前回は最初宴会場からのスタートだったけど個人だと当然ながら、部屋からなんだなぁ。

と、グッと身近な雰囲気に。

30分ほどして、仲居さんがスーパーコンパニオンを通してくれた。

歳は個人的な意見で若すぎる子は、警戒心が強そうなので、20代後半から30代前半を頼んでいたが、30代後半かな?って子が来たけど、なにはともあれさっそく、スタート。

話術には自信があったが、さすがに、最初からはエロい雰囲気にはならず、酒をまったりと飲みながらエロトークへ。

しかし、基本時間だけでは、攻め落とせず延長。

試しに風呂に誘ってみるとOK !もっと早く誘えばよかったかな?風呂で思いっきりいちゃいちゃし、その後は延長せず。

次はもっと話術を磨いてチャレンジするつもりです。